国内

梅を撮りにせたがや梅祭りにいってきた

スポンサーリンク

こんにちは、マイペースツヨシ(@mypacetsuyoshi)です。

今回はせたがや梅まつりに行ってきました。

http://setagaya-umematsuri.com

せたがや梅まつりは羽根木公園で開催されています。

梅ヶ丘駅改札を出ると羽根木公園の案内が書いてありました

羽根木公園へは
小田急線梅ヶ丘駅から徒歩5分のところにあります。

駅前の案内板に地図がありました

小田急線で向かうと新宿からは各駅停車しか止まらないので注意してください。
新宿から各駅停車で13分ほどで到着します。

羽根木公園の梅は早咲きが見ごろ(2月12日)

今回は2月12日に行きました。
早咲きの梅が見ごろでした。

公園全体を見渡すとまだ寂しい感じでした。
もうちょっと時間がたてば見ごろになるかな、という感じです。

見ごろの梅があったので人もそこそこ多かったです。

梅を一生懸命撮る人たち

梅の枝には梅の名前の札が下げられていました。

じぶんは花にボリュームがある「大湊」が好きでした。

他にもたくさんの種類の梅が咲いていました。

あえて逆光で撮って梅の力強さを強調して撮ってみた。

シャッタースピードを速くして絞って(Fの数を大きくして)シルエットの梅。
寂しさを演出してみた。

公園には細道があって子供には迷路になって楽しそうだったな。

細道の途中に休憩するベンチがあって休憩しながら梅を見るという優雅な時間が過ごせます。

公園の奥には売店があって休みながら梅を見れる

公園の奥に行くと売店が並んでいました。

テーブルや椅子もあって売店の近くにも梅が植えられていました。
梅を見ながらお食事。いいですな。

梅にまつわるエトセトラ・・・。
いや、食べ物がラインナップされています。

売店コーナーの奥にはステージがありました。

土日にはオンステージがあるようです。

売店の向かいには花の即売所もありました。

梅にかかわらずいろんな種類の花が売られていました。

椿もちらほらと咲いていました。

公園に突如現れた古民家。

どうやら貸し出しをしているようです。

これらの施設は、茶道の活動の場として利用できます(有料)。

星辰堂・日月庵より

星辰堂・日月庵の周りにも梅が咲いていました。

日本家屋と梅の組み合わせは純日本という感じで風情があっていいですね。

梅を立体的に撮影する

入り口近くに戻ってきました。

3本の大きめな梅の木がありました。

ちょうどいい咲き具合だったので
手前、真ん中、奥と梅を並べて撮ってみました。

3つとも色が違っていたので
それぞれの色が映えて撮れました。

3つを直線状において取ると奥行きが出て綺麗に撮れます。

思い切って近寄って梅をぼかすとピントがあったところに目がいきますね

梅の見ごろは終わりに近づく

せたがや梅祭りはいかがだったでしょうか。

もう3月に近づきています。

そろそろ梅の時期は終わりですね。

3月の中盤には桜が咲き始めます。

河津桜はもう満開のところが多いですね。

春に近づくといろいろな花が咲いているので
写真を撮るのが楽しくなります。

遠くに出かけなくても住んでいる街にも
見渡してみるといろんな花が咲いているのを見かけます。

いつも見ている景色も目線を変えると
いろんなものが目に入ってきますね。

晴れた日にはカメラを持って
近くの公園を散歩してみるのも楽しいです。

マクロレンズをもっていれば
また違った見方ができると思います。

まだマクロレンズを持っていない方は
是非購入して新しい花の世界を楽しんでみてください。

YouTubeにも動画を上げるのでそちらも見てもらうと
臨場感ある梅を感じてもらえます。

是非YouTtubeもご覧ください。
(ただいま編集中)

せたがや梅祭り 詳細

http://setagaya-umematsuri.com

場所 羽根木公園
東京都世田谷区代田4丁目38番52号

日時 2020年2月8日から3月1日

今回の機材

canon EOS R
フルサイズセンサーのミラーレスカメラ
軽くて小さいので持ち歩きに最適です
液晶もバリアングルでいろんな角度に変えられるので
撮影のバリエーションが増えます

Canon マウントアダプター EF-EOS R
canonの一眼レフで使えるEFレンズをEOS Rで使えるようにするアダプタです
このアダプタを使えば今まで持っていたEFレンズが使えるので
新しくレンズを買い替える必要がありません

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM
パンケーキレンズ
薄型で小型なのでレンズの重さが気になりません
EOS Rの普段使いのレンズとして最適です

SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO Canon EFマウント
70mmで望遠すぎず使いやすい焦点距離のマクロレンズです
開放もf2.8なので背景がボケて主役を立体的に写すことができます
(ちなみに今回使ったレンズはSIGMAの50mmマクロです
現行品ではないのでもし欲しい方は中古カメラ店で探してください
テーブルフォトには50mmマクロがいいかな)

最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひツイッターのフォローをお願いします!
Follow @mypacetsuyoshi

ABOUT ME
mypacetsuyoshi
何事にもマイペースなためひとりで行動することが多いです。 思い立って予定も立てずに出かけたり時間にはルーズだったり。 そんな自分が見つけた日々の面白い出来事、イベント、思ったことなど をマイペースに綴っていきます。 面白可笑しく見ていただけたら幸いです。 マイペースは悪じゃない。 職業 : カメラマン