マイペースダイエット

アラフォーおっさんダイエット 腕立てで胸に刺激を与える方法は肩を落とす

スポンサーリンク

こんにちは、マイペースツヨシ(@mypacetsuyoshi)です。

じぶんは今まで動画を見様見真似で筋トレをしてきました。

じぶんは腕立てがそうなのですが、
ただ単に筋トレをやっているだけでは
筋肉はある程度しか成長しません。

腕立て(じぶんの体重の重さで筋肉に負荷をかける自重)では
筋肉の成長の限界はあるようですが・・・。

腕立てで胸に刺激を与えるにもコツがあるようで
動画の中で言われていることを
半信半疑でやってみたら
確かに胸に刺激がきていることを感じられました。

肩を下げて腕立てをすると胸に刺激がいく

どうすれば腕立てで胸に刺激を与えられるか。

それは肩を下げること

じぶんは今まで山澤さんのひとつの腕立て動画を
ただひたすらやってきました。

1年ぐらい経って胸に刺激がなくなってしまったことで
改めて動画を見直して
やり方をおさらいしてみました。

そこで「肩を落として・・・
と何回も言っていることに気が付きました。

1年もやっていて今更気づいたことなのですが。笑

そこで肩を落として腕立てをやってみたら
確かに胸に刺激がきていることを感じました。

1年腕立てをやってきたのに
新しい発見があったことに感動しました。

胸に刺激がきたときは
もうやりたくないほどしんどかったです。

でもこれが筋肉の成長につながるんだと考えると
またやりたい、次もやりたい、
と感じるようになりました。

筋トレは外から見ると辛いだけですが、
今やっていることが成長につながる
と考えると筋トレを続けるモチベーションにつながっています。

一箇所を重点的に筋トレすると見た目のバランスが悪くなる 筋肉雑談

今までは胸や足や腹筋を中心にやってきましたが、
今年からは背中、肩、腕の筋トレをするようにしました。

じぶんの体を鏡でみると
腕の細さが気になって(脂肪がついて太く見えてるだけ)情けなかったので
腕にも筋肉をつけたいと感じて
今年から新しい部位の筋トレにも挑戦するようになりました。

背中は筋肉の面積が多いので
筋トレをして大きくすれば基礎代謝も多くなるので
痩せやすくなるそうです。

その理由で背中の筋トレも始めました。

背中の筋トレはチンニング(懸垂)の種目がいいそうなので
ぶら下がり健康器を密かに狙っています。

もう筋トレ道具を増やしたくはないのですが・・・。笑

ぶら下がり健康器を買えば、
ディップス(腕を下に押し出す筋トレ)の種目もできるので
胸の下の部分が鍛えられます。

万年悩みだった垂れ下がった胸を鍛えられるので
ぶら下がり健康器の欲しい欲が上がっています。

筋トレは時間をかけて成長させるもの。

1日やったからすぐに大きくなるものではありません。

地道にコツコツ続けて理想の健康体を得ていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Follow @mypacetsuyoshi

ABOUT ME
mypacetsuyoshi
何事にもマイペースなためひとりで行動することが多いです。 思い立って予定も立てずに出かけたり時間にはルーズだったり。 そんな自分が見つけた日々の面白い出来事、イベント、思ったことなど をマイペースに綴っていきます。 面白可笑しく見ていただけたら幸いです。 マイペースは悪じゃない。 職業 : カメラマン