そば職人

そばよしは鰹節の風味と旨味が存分に味わえるつゆが自慢のお店

スポンサーリンク

ビジネスマンに味方の立ち食いそば店

ビジネス街・京橋にあるそばよしさん。

以前から立ち食いそば店に行っていることを
知人が知っているようで、
おすすめしてもらったので行ってきました。

そばよしさんは鰹節卸問屋が経営しているそば店。
卸問屋という冠に心躍らせて向かいました。

さっそくお店に入ってみると
右手に食券機が置いてあります。

今回は初めてのお店なので
そばの味の違いがわかりそうな
もりそばを注文。
(初回のお店はベーシックなもりそばか
かけそばを注文してます)

東京でもりそばが290円とは破格の値段です。
安い。
さすがサラリーマンの味方・京橋。

そばとうどんが選べたので
もちろんそばと伝えて
食券を店員さんに渡しました。

壁にあった
おかかごはんに目が釘付け。
次回は絶対食べることを誓いました。

お店の中は少し狭く感じられる圧迫感。
壁に向かって座る席や
立って食べるように
テーブルが高く設定されているところがありました。
お昼時には行列ができるそうで、
お店の中に列の並び方が書いてある説明書きが掲示がされていました。

いつもなら他のお店ではすぐに出てくるもりそばですが、
今回は少し時間がかかっています。
ゆでにもこだわりがあるのか?

待ちに待って店員さんから
番号が呼ばれて受け取りに行きます。

こちらがそばよしさんのもりそばです。
いたって基本的なもりそばという感じ。

薬味皿にはネギのみ。
あれ?わさびは付いてないの?
つゆの味を損なう為か
わさびは付いてませんでした。

早速まずはつゆにつけず
そばのみをすすります。

噛んでいると
そば粉より小麦感が強く
口の中に小麦の風味が広がります。

歯ごたえは弱めでした。
ベーシックに茹でられているのか
歯切れの良いそばでした。

いよいよつゆにつけて食べてみます。

衝撃の美味しさです。
始めカツオの燻されたスモーキーな
燻製の風味が口の中いっぱいに広がります。
そのあとにカツオの旨味が押し寄せてくる。
とても深い味わいです。

今まで食べてきたもりそばの中でも
インパクトの強いつゆでした。

次はネギを入れて食べます。
ネギのシャキシャキ感はもちろんのこと
後から来る清涼感も
夏の暑い時期にぴったりです。

自分がお店に入ったのは
閉店30分前ぐらい。
閉店近くになっても
後から後からお客さんが来店します。
もちろんスーツ姿のサラリーマン。
この時間でも働いているんですね。
お疲れ様です。

その後も
つゆの味をしっかり噛み締めながらすすって
途中でそばのみをすすって舌をやすめたり
水を飲んで口をリセットして
またつゆにつけて食べたり。
ずっと食べていたくなるそばでした。

次回は他のメニューを注文してみたいと思います。
それからおかかごはんも追加で。

最初につゆをつけて食べた衝撃が忘れられないので、
近いうちにまた食べに行きたいと思います。

そばよしお店詳細

以下お店の情報です。

住所 : 東京都中央区京橋2-8-11 京橋北見ビル 1F

時間 : 7時30分から20時まで

定休日 : 土日・祝日

東京メトロ京橋駅6番出口から
徒歩3分程度

ABOUT ME
mypacetsuyoshi
何事にもマイペースなためひとりで行動することが多いです。 思い立って予定も立てずに出かけたり時間にはルーズだったり。 そんな自分が見つけた日々の面白い出来事、イベント、思ったことなど をマイペースに綴っていきます。 面白可笑しく見ていただけたら幸いです。 マイペースは悪じゃない。 職業 : カメラマン