ブログ記事

【ブログ】アドセンスが設置できるようになったのでクロネさんのページを参考に広告を設置してみた

スポンサーリンク

こんにちは、マイペースツヨシ(@mypacetsuyoshi)です。

今回はブログ広告の話

クロネさんのブログ記事を参考にここまでこれた

ブログを初めて半年弱。

訳も分からず、
レンタルサーバーを借りて
ワードプレスを入れて
記事を書いてきました。

ブログを書いている時に
参考にさせてもらったのが
クロネさん (@kuroneblog)のブログ記事です。

https://kurone43.com/

ブログ初心者に優しくわかりやすく書いているので
いつも参考にさせてもらっていました。

特に100記事書くまでの
道のり記事もあったので
ブログを始めたばかりの方は
参考にされることをおすすめします。

https://kurone43.com/babysteps/

記事を書くためのいろはや
そもそもなんで記事を書くのかなど
ただ自由に記事をかいているだけでは
どうしていいのか迷ってしまいます。

そんなときにクロネさんのブログを
参考にさせてもらって
迷いを払拭してきました。

今も迷い中なんだけど、、、。

諦めないで続けられてきたから今の積み重ねがある

ブログを始めたころは
「広告をいれればいんでしょ」的な感覚で
レンタルサーバーを申し込んで
ワードプレスを入れた後に
そっこうでアドセンスの申し込みをしました。

そりゃ審査が通るわけないですよね。

グーグルはどのブログに広告を出したいか。

それは人が集まって
広告をクリックしてもらいたいから
ブログに広告をだす。

まだ記事数が少ないブログには
ほとんど人がこない。

ブログに広告を出しても
クリックしてもらえない。

その結果、
記事数の少ないページからの
申請は通らない。

今日まで腐りながらも
記事を書き続けてきました。

そして先日
もう一度申請してみました。

多分4回目の申請だったかな?

そしたら申請が通りました。

やったー!

今までの方向性を見失わずにブログをマイペースに続けていく

でも、申請が通ったことが
ゴールじゃないです。

スタートはまさにここからです。

ここから記事数を増やして
もっとたくさんの人に
ブログを見てもらえるように
育てていかないといけないんです。

お金が稼げることは嬉しいけど、
お金を稼ぐことが目的になってしまっては
今までのじぶんの持ち味の記事が
消えてしまう

その結果、
読んでくれる人が少なくなってしまって
最悪はブログ閉鎖にもなってしまいかねない。

閉鎖まではさすがにないか、、、。

なんでブログに来てくれる人がいるか。

それは今までのじぶんの記事が読みたいと
思ってくれる人がいたということ。

そこには純粋なじぶんの気持ちがこもった記事
かかれています。

それをお金を稼ぐことが目的になってしまっては
文章のテイストも変わってくるだろうし
読んでくれる人たちは疑心暗鬼になって
遠ざかってしまいますよね。

そう、
アドセンスが通ったからといって
お金に目的を合わせていてはいけない。

変化をすることはいいけど
方向性を間違わないで変化していきたいですね。

じぶんの好きを発信するためのブログ。
じぶんの意見を伝えるためのブログ。

それを忘れずに楽しみながら続けていって
ついでにお金がもらえるの?という
立ち位置でいれば
ブログも今まで通り
楽しく続けられるのではないでしょうか。

そしてマイペースに。

やっぱり自分のペースは
守っていきたいです。

アドセンスの設定や設置方法を詳しく解説してくれたクロネさんの記事

話がそれましたが、
今回はアドセンスが通ったということで
またまたクロネさんのブログを
参考にさせてもらいました。

今回参考にさせてもらった記事はこちら。

https://kurone43.com/category/business/adsense/

アドセンスの広告の作り方から
設置の方法まで詳しく書かれています。

いままでブログを続けてこられた方たちなら
クロネさんの記事を読んで
広告を設置するには
それほど難しくないと思います。

クロネさんありがとうございました!

まだまだ分からないことだらけですが、
これからも楽しくブログを続けていけるように
マイペースに更新していきます。

ぜひツイッターのフォローをお願いします!

ABOUT ME
mypacetsuyoshi
何事にもマイペースなためひとりで行動することが多いです。 思い立って予定も立てずに出かけたり時間にはルーズだったり。 そんな自分が見つけた日々の面白い出来事、イベント、思ったことなど をマイペースに綴っていきます。 面白可笑しく見ていただけたら幸いです。 マイペースは悪じゃない。 職業 : カメラマン