千葉の魅力

千葉のいちご狩りで黒いちごを狩ってきた【千葉の魅力】

千葉の苺
スポンサーリンク

Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/2000 f4

こんにちは、マイペースツヨシ(@mypacetsuyoshi)です。

こんにちは。
今回は千葉県の山武市へいちご狩りに行ってきました。

千葉県山武市のいちご農園へ

Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/2000 f4

黒いちごを求めて相葉苺園さんへ

山武市は千葉県でも苺園が多い町です。

冬から春にかけて食べごろを迎えるいちごは、冷涼な気候のもと十分な日光を当てることで甘い実をたくさんつけます。冬季に曇りの日が少ない千葉県は、古くからいちごの栽培が盛んです。
元気半島、ちば!(今が旬!ちばのいちご特集)より

車で山武市を走ると苺農園を数多く見ることができます。
その中でも今回は相葉苺園さんにお邪魔しました。

いちご狩りの特徴はなんといってもその場で苺を食べれらること!

以前にも相葉苺園さんにお邪魔したことがあります。
それは黒いちごがあるからっ!
黒いちごは”真紅の美鈴”という種類のいちごでその名の通り黒い赤い色をしたいちごです。
以前相葉苺園さんで黒いちごを食べたとき、衝撃が走るぐらい甘かったのを今でも覚えています。
毎年1回はいちご狩りに出かけていますが、いちご狩りを転々としてまた今年は相葉苺園さんにもどってきました。
またあの黒いちごを求めてっ!!

いよいよイチゴ狩り

時期によって変わる入場料

まずは受付にいって入場料金を払います。
いちご狩りの入場料は時期によって変わります。
12月が一番高く大人ひとり2000円、
1月5日からは1900円、
2月は1800円、
3月は1700円、
3月25日からは1500円、
4月7日から5月中旬までは1200円です。

制限時間はたっぷり60分

テーブルに注意書きがあるので忘れたときはこちらで確認する
Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/2000 f4

お金を払ったら受付を出て係の方にいちご狩りの説明と注意事項を受けていちご狩りを始めます。
今はコロナ対策として、いちごを狩って、指定されたテーブルで食べるいう方法です。

ビニールの仕切りで換気対策もぱっちり
Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/2000 f4

ひと組のテーブルはそれぞれビニールシートの壁が作られていて
換気もしっかりされていました。

制限時間は60分です。
いちご狩りは40分が多い中、60分はあせらずにゆっくり楽しめるところがうれしいです。
ありがとうございます。

前回来たときは確か40分だったような・・・。
イチゴ狩りが始まる12月ごろは繁忙期なので40分なのかもしれません。
くわしくは電話でお問い合わせください。

黒いちごは他の苺園さんでも栽培されているようなので来年は違う苺園さんにもお邪魔してみようと思います。

下の透明パックに狩った苺をいれて、食べた苺のヘタを白のパックにいれる
Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/1000 f4

まずは苺を狩って透明のパックにいれます、狩った苺を受付でもらったプレートの番号の座席で食べる形です。
座席には注意事項が書いてあるので改めて確認しておくとよいです。

高設栽培で腰をおろさないでも苺が狩れる

相葉苺園
Canon EOS R
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
iso 200 ss1/1000 f2.8

相葉苺園さんは高設栽培なので腰をかがめずに苺を狩ることができます。
腰を下ろして立って移動、というスクワット運動をしないで狩ることができるのはありがたいです。
(スクワット狩りは次の日足が筋肉痛になる。苦笑)

大人ひとりが通れるほどの道幅
Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/1000 f4

ビニールハウスにはいると苺の甘い香りがにおってきて気持ちが盛り上がります。

いよいよイチゴ狩り開始

真っ先に黒いちごに向かうw
Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/1000 f4

まず最初は今回の目的のくろいちご!!!!!!
(黒いちごだけ狩ってきました)

Canon EOS R
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
iso 200 ss1/1600 f4

写真からでも分かるぐらいの黒さ!
これが甘いんですっ!
酸味は少なくて甘さの衝撃が襲います。
貧乏性なので大きい苺を選んできましたが、
黒いちごは大きいものより中位のサイズの方が甘味が強かったように感じます。

苺の最も旬な時期は
12月中旬から2月だそうですが、
3月といえどもとてもあまい苺を食べることができました。

Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/1000 f4

そして3月中旬ではりましたが、黒苺はまだまだたくさん残っていました。
黒苺を栽培している面積も多いようです。
緑色の苺もたくさんあったのでこれからでもまだ黒いちごを楽しめると思いますが、お早めのいちご狩りをお勧めします。

Canon EOS R
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
iso 200 ss1/1000 f2.8

通路両側から苺のごあいさつ。
両手に苺。幸せです。

Canon EOS R
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
iso 200 ss1/4000 f2.8

かわいらしい白いいちごの花も咲いていました。

Canon EOS R
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
iso 200 ss1/800 f2.8

黒いちごはタネまで黒いです。まさに真紅!

Canon EOS R
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
iso 200 ss1/4000 f2.8
Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/4000 f4

今回のビニールハウスにはスーパーでお馴染みのとちおとめやビタミンCたっぷりのおいCベリー、あまおとめ、えちごひめなどいろいろな種類を選べるハウスでした。
他にも紅ほっぺ、ふさのか、みつはる、よつぼし、ゆめのか、こいみのり、くれないなど
初めて聞いた苺の名前もありました。
(これを60分で全部食べるのは大変そうだ・・・1種類1狩りぐらいなら全種類いけるか)

Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/800 f2.8

今回はしろいちごも!!!!!!!!!!
白いちごはスーパーでみかけてとんでもなく高いイメージがありました。
そんな苺を狩れるなんて・・・
ありがとうございます!!!!!!!!

Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/2000 f2.8

さすがに白いちごは人気のようで成長していた苺は少なかったです。
それでも食べられそうな白いちごを選んで狩ってきました。

Canon EOS R
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
iso 200 ss1/2000 f2.8
白いちごは小さいものが多かった
Canon EOS R
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
iso 200 ss1/2000 f2.8

白いちごを食べてみると、黒いちごほどの甘さはありません。
白のインパクトから想像できない苺の甘味のギャップで頭が混乱します。笑
普通のいちごの甘さがあって、おいしくいただけました。
白とはいいつつもほんのり赤みのある白でした。

Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/2000 f2.8
黒いちごととうくんの幸せパック
Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/2000 f2.8

次はとうくんを狩り食べました。
とうくんは漢字で書くと”桃薫”。
その名の通り、いちごをかじるとももの香りが口いっぱいに広がります。
苺なのに桃!!!!!!!
また頭が混乱します。笑
味は苺で香りは桃です。
苺の色も桃のようにピンク色でかわいかったです。

Canon EOS R
RF100mm F2.8 L MACRO IS USM
iso 200 ss1/800 f2.8

今回もたんまり狩ってしまった。(ありがとうございます!)

時間的に最後の狩りタイムでした。
最後の狩りでも黒いちごははずせません。笑

最後の狩りだったのでいろんな種類の苺を狩ってきました。

苺にうもれたい・・・

形はふぞろいのものもありますが、どれも味には問題なくとても美味しかったです。

今回狩り食べた苺様・・・。
ありがとう。

おまけの練乳がおまけじゃない件

今回はいちごを堪能したかったので練乳はかけませんでした
Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/2000 f2.8

そうそう、この練乳!
以前、相葉苺園さんでイチゴ狩りをしたときに練乳がおいしすぎて感動したのを覚えていいます。
いちごももちろんおいしかったのですが、練乳のおいしさにおどろきました。

いちご狩りの余韻を楽しむ

60分たったので今回のイチゴ狩りは終了です。
ごちそうさまでした!

Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/2000 f4

ふと指を見てみるといちごの色が指にうつって自然マニキュア?になってました。

Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/1000 f4

入り口には顔はめパネルもあるので記念にどうぞ。

Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/1000 f4

サンムシくんは知ってましたが、むーちゃんが新しく加わっていたのは知りませんでした!むーちゃんはハチの妖精かな?笑

Canon EOS R
EF16-35mm f/2.8L II USM
iso 200 ss1/3200 f4

相葉苺園さんの駐車場近くに河津桜が咲いていました。
少し時期がずれていたので散っていましたが、まだピンク色の花びらが残って綺麗でした。

苺を堪能できるイチゴ狩り

年1回のいちご狩りとても楽しめました。
前回の制限時間は40分でしたが今回は60分で十分苺を堪能でしました!
最盛期をすぎてもまだ苺がたくさん実っていたので、
時期をずらしていちご狩りというのも良いかもしれません。
今回は平日にお邪魔しましたが、お客さんがたくさんでにぎわっていました。

相葉苺園さんのスタッフさんも明るい方が多くて楽しくいちご狩りができました。
ありがとうございました。

メロディアンの練乳

そうそう、帰りに受付に戻って練乳を買って帰りました。
メロディアンの練乳 1袋5個入り 1つ11グラム
100円でした。
最初安過ぎてびっくりしましたが、しっかり100円でした。
通販でもあるようなのでよろしければご覧ください。
https://ec.melodianhf.com/cart/?product_id=248&transactionid=d310deae1c8299ebad8054cef976d483d884730c

千葉県には山武市以外にもいちご狩りができる地域があります。
お気に入りのいちご狩り農園さんを探していちご狩りを楽しんでください。

今回は水曜日にお邪魔しました。それぞれ週によって開園している曜日、日にちが違うようです。
お出かけになる前にホームページなどでご確認いただいてからお出かけください。

千葉でいちご狩りができる農園

相葉苺農園さん

今回お邪魔した相葉苺園さんのホームページです。
料金や時間、住所など詳しいことはホームページで確認してみてください。

http://aiba-15.com/strawberry-picking/index.html
住所 千葉県山武市湯坂344

相葉苺園直売所

相葉苺園さんは苺の直売所もあります。
おみやげにどうぞ。

https://aiba-15.com/shop/index.html
住所 千葉県山武市成東536−1

山武市成東観光苺組合

山武市ではたくさんのイチゴ狩り農園があります。
農園それぞれ特徴があるのでご自身でお気に入りの農園さんを見つけてみてください。

https://sanmu15.com/index.html

千葉県でいちご狩りができる地域

千葉県では他にもイチゴ狩りができる地域があります。
東京からでもアクセスしやすいので是非たずねてみてください。

https://maruchiba.jp/miryoku/shun/sp_ichigo.html

今回使ったカメラとレンズはこちら


風景やその場の雰囲気を撮るなら広角系のズームレンズがおすすめ

花や植物を大きく写して印象的な写真にしたいならマクロレンズがおすすめ

ミラーレスで持ち歩きにかさばらないしかもフルサイズでボケが大きい

初代Rシリーズのミラーレスですが今でも現役です。

EFレンズをミラーレスのRシリーズで撮るときに必要なアダプタ

今回の広角ズームレンズはEFレンズのEF16-35mm F2.8L II USMを使いました。

カメラ本体のEOSRシリーズはRFマウントなので今回使ったEFマウントのレンズは使えません。
直接つけることはできませんがEOS Rにアダプタをつけることで
EFレンズが使えるようになります。

EF16-35mm F2.8L II USMの次にⅲ型の新しいEF16-35mm F2.8L III USMが出ています。
それすら変えていない自分の財政状況w
これからはミラーレスに移行していくので
次に買う広角レンズは上のRF15-35mm F2.8 L IS USMになると思います。

スナップ写真は大体35mmレンズで撮りますが
ブログ記事などはその場の雰囲気を広く撮りたいので
ズームレンズのEF16-35mm F2.8L II USMを使っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。
マイペースに更新しています。
よろしければフォローしていただけると嬉しいです!

twitter
Follow @mypacetsuyoshi

YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCNWZgEn0cxKnCUwfXv4fcRg

instagram
https://www.instagram.com/mypacetsuyoshi/

ツイキャス
https://twitcasting.tv/mypacetsuyoshi

ABOUT ME
mypacetsuyoshi
何事にもマイペースなためひとりで行動することが多いです。 思い立って予定も立てずに出かけたり時間にはルーズだったり。 そんな自分が見つけた日々の面白い出来事、イベント、思ったことなど をマイペースに綴っていきます。 面白可笑しく見ていただけたら幸いです。 マイペースは悪じゃない。 職業 : カメラマン