ブログ記事

【ブログ】いつも書き込む文章を形式化して記事作りの時間短縮をする方法【初心者】

スポンサーリンク

こんにちは、マイペースツヨシ(@mypacetsuyoshi)です。

今回はブログ記事を書くときの時短方法です。

いつも記事に書き込むときに

こんにちは、マイペースツヨシ(@mypacetsuyoshi)です。

(中略)

ぜひツイッターのフォローをお願いします!

この部分は同じ文章で毎回書いています。

スポンサーリンク
国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

新しい記事を書くたびに
ツイッターからアカウントのアドレスをコピーして貼り付けて
ツイッターのフォローボタンを作るために
アカウントを入力してコピーして・・・
という記事を入力するのは
時間がもったいない!

一種の作業になっているので、
同じ形の記事を作っておいて
そこからHTMLをコピーすれば
早く終わります。

早速始めましょう。
今回はワードプレス形式の書き方です。

まずは挨拶の文言と
フォローボタンだけの
模擬の記事を作っておきます。

フォローボタンの作成は
下記のサイトから
自分のアカウントを入力すれば
勝手に作ってくれます。

https://publish.twitter.com/?buttonLarge=on&buttonRecommendation=mypacetsuyoshi&buttonType=FollowButton&lang=ja

What would you like to embed?
の下に自分のアカウントを入力します。

入力が終わると
自動的に画面が下に移動するので
Here are your display optionsでは
右のTwitter bottonsを押します。

次はフォローボタンを作りたいので
一番左のFollow Bottonを押します。

画面が自動的に移動して
フォローボタンの完成です。
画面右のCopy Codeのボタンを押せば
HTMLがコピーされるので
ワードプレスの画面に写って
テキストのタブを押して
そのままコピーすれば
フォローボタンが配置されます。

これで基本の形は完成しました。

画面の上にある下書きを保存のボタンを押して
基本形を保存します。

次回からはこれを
テキスト全体をコピーして
新しい記事に貼り付ければ
挨拶文言とフォローボタンがすぐに作成されます。

ね、早いでしょ。
面倒くさがり屋の自分にはもってこいの方法です。

ビジュアルから文章をコピーするのではなくて
テキストタブを押してから
文章をコビーして
新しい記事にもテキストにコピーをしたほうが良いです。
ビジュアルで文章をコピーすると
フォローボタンがうまく反映されない時があるので
ここは少し面倒ですけど、
テキストからコピーして
新しい記事のテキストに貼り付けをましょう。

タイトルはわかりやすいものにしておけば
探しやすくなります。
自分は「フォーマット」というタイトルにしています。

記事を書いていくと
今回作った基本形の記事がだんだんと下がってきてくるので、
挨拶文言とフォローボタンの間に
スペースを作っておいて
そこにスペースボタンを押して
スペースを挿入して
また下書きを保存のボタンを押せば
記事が一番になります。

今回の一番上の形式でいうと、
(中略)の部分にスペースを入れれば
良いってことです。

こんにちは、マイペースツヨシ(@mypacetsuyoshi)です。

(中略)←ここにスペースを入れればOK

ぜひツイッターのフォローをお願いします!

基本記事が
あまり下に行き過ぎる、
次のページに移動してしまうと
探すのに面倒になってしまうので
最悪次のページに移ってしまう前に
スペースを入れて下書き保存をしておきましょう。

これで時短方法の完成。
余った時間を記事書きにあてて
記事数アップに孤軍奮闘しましょう。泣
なにせ初めの頃は記事数がものを言うので。

自分もまだまだですが、
今年中には記事数を100まで増やしたいと思います。
いや、増やす!
そしてアドセンスが通るようにするんだ!

今まで3回申請したけど
未だに通らない。
これはやっぱり記事数なんだろうな、
と実感しております。

ぐすん。

スポンサーリンク
【国内最速No.1】高性能レンタルサーバーConoHa WING

ぜひツイッターのフォローをお願いします!

ABOUT ME
mypacetsuyoshi
何事にもマイペースなためひとりで行動することが多いです。 思い立って予定も立てずに出かけたり時間にはルーズだったり。 そんな自分が見つけた日々の面白い出来事、イベント、思ったことなど をマイペースに綴っていきます。 面白可笑しく見ていただけたら幸いです。 マイペースは悪じゃない。 職業 : カメラマン