千葉の魅力

かつうら若潮まつり花火大会は小規模ながらも活気に溢れる花火大会

スポンサーリンク

スポンサーリンク
容量無制限フォトストレージ 30days Album PRO

こんにちは。tsuyoshiです。

今回も千葉の魅力を伝えるために
勝浦まできてみました。

この時期と言えば
そう!花火大会!

今回は初めてだったので
手探りの撮影になりました。

大会開始前の会場周辺は車で渋滞

今回は車で行ってきました。

片道2時間超えの小旅行です。

会場近くには30分前ほどに
付いたのですが、
案の定駐車場を探す車で
渋滞していました。

自分は会場から離れた
ショッピングセンターに止めました。
そこから歩いて会場まで行くことにしました。

昔ながらの町の雰囲気が残る勝浦

会場に向かう途中には
家族連れやカップルが
浴衣をきて歩いていました。

夏ですねぇ〜。

ま、自分はひとりなんですけどね。

独り言は置いておいて、
勝浦まで行くと
まだ木造の家や懐かしい雰囲気の商店街がまだ残っています。
この雰囲気いいですね。

会場周りには屋台が並んでいて
たくさんの人で賑わっていました。
お手洗いゾーンも列をなして
たくさんの人が並んでいました。

会場前の港には
たくさんの人でごった返していました。
打ち上げ間近で会場に着いたので
場所探しもひと苦労です。

でも、ひとりできたから
大きなスペースを探さなくてもいいのが
嬉しいですね。

邪魔にならない場所で待機します。

放送が流れてきて
県議会の人や町長の挨拶が流れてきます。

いよいよ打ち上がり

勝浦と言っても花火は花火。
迫力がありますね。
打ち上げから近い場所というのも
あって花火の大きさも見事です。

今回も定位置でずっと見ずに
いろんな場所を探して撮影してみます。
徐々に駐車したショッピングセンターまで
歩いて戻る形にします。

まずは基本的な港から。
みんなが空を見上げているのが面白いですね。

消防の方達もひと時花火に目を向けていました。

道路整理の方達おつかれさまです。

商店街から撮影。
お店の前にベンチを出して
花火を見ています。

贅沢だな〜。
羨ましいな〜。

会場に行かなくても
数十メートル離れていても
全然見れますね。

周りに遮るものがないから
遠くからでも見やすくて良いですね。

花火が打ち上がっているのを
じっと見れないのが残念ですが、
終わった後の渋滞の恐怖があるので
それを避けるように早めの行動をとっています。

ショッピングセンターに着いた時に
ちょうどフィナーレの連発花火が打ち上がりました。

煙で見えなーい!
これは近くで見てみたかったですね。
残念。

良い町の雰囲気と花火がマッチしていました。
来てよかったです。

小さな町でもこういう行事があって
町が活気づくのはいいですね。

今回の撮影データと撮影方法

今回のデータは
iso 800
f8
4s
です。
写真によってばらつきはありますが、
この設定で撮った写真が多かったです。

照明がないので
会場の雰囲気と花火を撮るのは
難しかったですね。
花火の方を綺麗に撮るとすると
会場の写真が暗くなりすぎて写らないし、
会場を綺麗に写そうとすると
花火が明るくなりすぎて写ってしまうし。

ここはデジタルの力で
後から修正すればなんとかなります。
便利な世の中ですね。

今回ももちろん三脚持参です。
ただ打ち上げ始めの港の撮影では
三脚を広げると周りに迷惑になるので
一脚と三脚が合体したような
ベルボンの三脚を使いました。

これを使うとコンパクトで
しかも持ち運びしやすいので便利です。
あまり高い位置から撮影すると
カメラの重心が不安定になるので
極力高さを出さずに低い位置から撮影しました。
それから手ぶれ防止をONにしました。
夜の撮影では手ぶれ機能は作動しておくようにした方が
ブレた写真になる確率が低いので
作動しておくようにしましょう。

それからレリーズもお忘れなく。

かつうら若潮まつり花火大会

花火大会詳細です。

場所 : 勝浦漁港周辺

日程 : 2018年8月13日

打ち上げ開始時間 : 19時15分から

アクセス : JR勝浦駅南口から徒歩5分

ホームページ : http://www.katsuura-sanpo.com/news/post-14447/#pagePath

スポンサーリンク
進化した高性能コンパクトドローン。【Mavic Air】

ABOUT ME
mypacetsuyoshi
何事にもマイペースなためひとりで行動することが多いです。 思い立って予定も立てずに出かけたり時間にはルーズだったり。 そんな自分が見つけた日々の面白い出来事、イベント、思ったことなど をマイペースに綴っていきます。 面白可笑しく見ていただけたら幸いです。 マイペースは悪じゃない。 職業 : カメラマン